2018年にDMM.COMがついにビットコイン取引に参入!
仮想通貨取引所の歴史としてはまだまだ浅いですが、大手企業が運営している事で今後に期待されている取引所のひとつです。

DMMビットコイン/国内仮想通貨取引所

国内仮想通貨取引所 DMMビットコインの口コミ・評判

DMMビットコインの最大の特徴はやはりレバレッジの高さです。

現在のところ仮想通貨は投機での取引になりますのでレバレッジをどこまで効かせるかは相場の状況や自分の資産状況にもよりますが私の場合は資金を細く分散した上で長くて数日間短ければ数十分という単位で売買を繰り返していますので、やはり最低でも20倍ぐらいのレバレッジがないと思うような取引ができません。

DMMビットコインの場合は仮想通貨取引所の他にグループ内でFXとCFDの取引所も開設していることもあってチャート画面は非常に使いやすいです。私自身がDMMFXを長年使っているせいもあるかもしれませんが、取引画面の操作も直感的に行えるために急な値動きに素早く対処することが可能です。

 

さらにこのDMMグループの場合は大規模な動画サイトの老舗でもあるので、混雑時のサーバー管理や悪意のハッキングに対するセキュリティ管理に関してもかなり信用がおけるのではないかと思われます。

細かいところを言うと他の販売所や取引所は入出金にほとんどのところが手数料をかけてきますがDMMビットコインは無料です。普段FXをやっているユーザーにとっては入出金手数料は無料なのが当たり前になってるので、私にとっても一回の入金で500円も700円も取られるのではスタート地点からマイナスではないかと言う思いになりますので細かいと言いながら何気にここは大きいですね。

 

それから仮想通貨の取引をする上で戦略上で一番重要な点だと思われるのは私の場合は通貨ペアです。

つまりビットコイン対円、リップル対円など仮想通貨対リアルマネーの通貨ペアにユーザーの目は釘付けになっていますが、実際にレバレッジをかけて投機する場合には仮想通貨対リアルマネーの組み合わせは値動きが激しすぎてついていけません。

高いレバレッジで値動きを利用して利益を出そうと目論む場合は仮想通貨対仮想通貨の(例えばリップル対ビットコイン)取引が重要になってきますし、値動きの予測も立てやすいです。単刀直入に言って仮想通貨対仮想通貨の通貨ペアの組み合わせを用意していない取引所はユーザーの危険回避の手段を用意していないので論外です。DMMビットコインではほぼ全ての取り扱い通貨に対して、対ビットコインの取引が可能になっていますので私には大変良心的だという風に感じられます。

 

DMMビットコインで扱われている仮想通貨

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ネムなど

DMMビットコインの総合評価は

総合評価 B

DMMビットコインは2018年から営業を開始したばかりで、まだまだ会員数も取り扱い規模も少ないです
今の所取り扱いしている通貨種類はZaifと似たようなものですが、取引手数料が高いのがネック。
ただし、レバレッジ取引の場合、その高さはなかなかのもの。レバ取引をする人は登録しておくといいですね。

 

おすすめの記事